セラミックインレーの治療の流れとメリットとデメリット

セラミックインレーの治療の流れとメリットとデメリット

インレーとは?アンレー、クラウンとの違いについて

インレーとは?アンレー、クラウンとの違いについて

虫歯治療の際、虫歯を削った部分(窩洞)に一致した詰め物(修復物)を、窩洞の外で一塊にして作製し、歯科用セメントを用いて窩洞に合着することにより解剖学的、機能的形態を回復する修復法です。

噛み合わせ(咬頭)の一部を覆うとアンレー、全体的に被せる形になるとクラウンと呼び方が変わります。

セラミックインレーとは

セラミックインレーとは

セラミックインレーは、審美的要求の強い部分におすすめできる白い修復物です。銀歯などのメタルインレーは、口腔内でとても目立ち、コンプレックスになっている方もいらっしゃいます。

セラミックインレーで治療すれば虫歯治療も目立たず、口のなかも明るくなり、人前で自信をもって話をしたり、笑うことができます。

長所として、

  • 天然歯の色調、光沢に似ており、審美性に優れ、口腔内における変色および着色が極めて少ない(白い歯で治すことができる)
  • 硬度および耐摩耗性に優れている(長持ちする)
  • 化学的に安定で、口腔内に溶解しない(安全である)
  • 熱膨張が歯質に類似している(隙間がよりできにくく、虫歯になりにくい)
  • 熱やアルカリに対して安定している(安全である)
  • 熱や電気の不良導体である(冷たいもの、熱いものがしみにくい ガルバニーショックを有する患者さまの口腔内環境改善。)
  • 生体親和性に優れており、軟組織に対して為害作用がない(金属アレルギーを有する患者さまの口腔内環境改善。)

などが挙げられます。

短所としては、

  • 製作過程が煩雑である(保険適応ではない)
  • 脆性であり、縁端強さが小さいために、咬合力および外力の加わる部位には適さない→セラミックインレーは陶器と同じ材料でできています。歯ぎしりなど強い力が加わると割れたり欠けたりすることがあります。多少の欠けであれば、丸めて使うことができます。

セラミックインレーの治療方法

①虫歯により修復物がとれる

銀歯が取れた歯は多くの場合、虫歯になっています。銀歯が劣化し、歯と銀歯の隙間から虫歯になり、銀歯が取れます。

②虫歯を取り除く

③必要に応じて神経を保護し、修復する

④虫歯を削った部分(窩洞)の形を整える

⑤型取り

⑥シェード(色)をみる

⑦セラミックインレーの噛み合わせ(咬合)を調整

⑧研磨

⑨歯科用セメントで合着

コンポジットレジンとはどう違うの?

コンポジットレジンとはどう違うの?

コンポジットレジンはプラスチックで、保険診療内でできる治療法です。

小さな虫歯や噛む力が掛からないところに使うことができます。劣化や変色が起こりやすいために、定期的にやり直す必要があります。

セラミックと比較して審美性、機能性に劣ります。例えるなら、セラミックは茶碗のような陶器で白くてつるつるしており、汚れも落ちやすく時間がたっても清潔を保てます。

コンポジットレジンは、お弁当箱のようなプラスチックですから、安価ですが、臭い、汚れが着きやすく、落としにくいので定期的に買い直す必要がでてきます。

セラミックインレーについてのまとめ

セラミックインレーは、審美性はもちろんのこと、セラミック自体の劣化が少ないこと、歯との隙間から虫歯になりにくいことから、残った歯を守るにも最適な治療法だといえます。

また、金属アレルギーの観点からも口腔内環境を整えてより健康なライフスタイルへと繋がります。