マウスピース矯正

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは自分で着脱が可能なマウスピース型の矯正装置です。厚みが薄く、色は透明に近い装置なので、至近距離でも目立たず、矯正中であると気づかれにくいのが大きな特徴です。治療の進行に応じて作製されたマウスピースを継続して装着し、数週間ごとに新しいものに交換することで少しずつ歯を動かしていきます。

マウスピース矯正の特徴

透明なので目立たない

歯の表面にワイヤーを装着する従来の矯正装置は、どうしても見た目が気になります。マウスピース矯正は薄く透明なマウスピース型の装置のため、装着していてもほとんど気付かれることなく、美しい歯並びを調整することができます。

自分で取り外しが可能

歯に固定し、治療終了まで取り外せないワイヤー矯正器具と異なり、自分で着脱できるマウスピース型の矯正装置なので、いつでもマウスピースは丸洗いでき、数週間で交換するので清潔で快適に治療を進められます。

金属アレルギーのリスクがない

ワイヤー矯正の矯正装置の場合は金属アレルギーを引き起こす可能性がありますが、マウスピース矯正は金属を使用しないので、アレルギーのリスクはありません。

お手入れがしやすい

マウスピース矯正は自分で取り外しができるので、歯に固定されたワイヤー矯正のように器具に妨げることなく、普段通りの歯磨きやフロスの使用もでき、お口の中を清潔に保つことができ、虫歯も予防できます。

痛みが少なくストレスフリー

3Dシミュレーションで歯の移動を予測しながら、1つのマウスピースにつき必要最低限の力で少量ずつ、段階的に歯を移動させていくので、従来のワイヤー矯正の場合と比較して、比較的痛みや違和感が少ないです。
また、ワイヤー矯正の場合、ワイヤーの留め具がお口の中の粘膜や舌に当たって出血や腫れ、口内炎を引き起こす原因になることがありましたが、マウスピース矯正ならお口の中を傷つけることはなく、ストレスフリーな治療方法だと言えます。

通院回数が少ない

従来のワイヤー矯正は調整のため月に1回の定期的な通院が一般的でしたが、マウスピース矯正は自分でマウスピースを交換できるので、ご多忙な方や遠方にお住まいの方でも通院回数が少なく、通う負担を減らすことができます。

今まで通りの食事が楽しめる

ワイヤー矯正では、装置の破損を防ぐために硬いものや粘り気があるものは避ける必要がありましたが、マウスピース矯正の場合、食事中には自分で取り外しができるので、食事も制限なく今まで通り楽しめます。

いつでもスタートできる

マウスピース矯正なら人生の大切なイベントを目前に控えていても、矯正治療を断念する必要はありません。矯正装置が目立たないので見た目を気にすることなく、また自分で着脱もできるので、歯並びが気になったその日から気軽にスタートできます。

マウスピース矯正のメリット

  • 人に気づかれることなく矯正ができる
  • 治療中もいつも通り食事や歯磨きができる
  • 歯を少しずつ動かすので痛みが少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 通院回数が少ない

マウスピース矯正のデメリット

  • 歯並びを大きく治す場合には向いていない
  • マウスピースをつけていないと元の歯並びに戻ってしまう
  • マウスピースをつけている時間は1日20時間以上
  • 食後、すぐに歯磨きをしてマウスピースをつけるなど自己管理が必要
  • 虫歯治療で歯の形が変わった場合はマウスピースを再製作する必要がある

マウスピース矯正はこんな方におすすめ

  • 人に気づかれずに矯正治療を受けたい方
  • 人生の大切なシーンに対応できる目立たない装置で治療を受けたい方
  • ワイヤーでの矯正治療に抵抗がある方
  • できるだけ、痛みも通院回数も少なくしたい方
  • 矯正治療中でも食事や歯磨きなどいつも通りに行いたい方

マウスピース矯正の流れ

Step1)カウンセリング

Step2)精密検査、治療計画の説明

Step3)歯の型採り

Step4)マウスピース矯正装置の作製

Step5)治療開始

一日20時間以上マウスピース装置を装着し、2週間ごとに自分で新しいマウスピース装置に交換します。装置を段階的に交換することで、歯は徐々に動いていきます。
1ヶ月半から3ヶ月おきに、定期的に通院して、歯の動く進行状況の確認や歯のクリーニングを行います。

Step6)治療完了

一定期間の保定

マウスピース矯正のよくある質問

Q.装置は本当に目立たないのですか?

A.透明な装置で金属などが全く付いていないので、じっくりと至近距離で見られない限り、気づかれることはほとんどないようです。

Q.どんな歯の場合でもマウスピース矯正はできますか?

A.歯並びの状態によっては(顎の骨が関係してくる場合や、大きく歯を動かす必要がある場合など)は、マウスピースでの矯正では対応が難しく、ブラケット矯正での対応になります。

Q.虫歯がある場合でも矯正治療はできますか?

A.先に虫歯治療をする必要があります。矯正治療途中で虫歯治療により歯の形が変わってしまうと、マウスピース装置を再作製する必要があります。

Q.食事のときは外さないといけないのですか?

A.食事のときは必ず外して食べてください。装置の思わぬ破損や装置に食べカスがつまり不衛生になります。装置を外して食べることにより、制限なく今まで通りの食事を楽しめます。

マウスピース矯正の料金一覧

マウスピース矯正
マウスピース矯正 ケンライン7プラス ¥350,000
毎回の診察料 ¥5,000
マウスピース矯正
マウスピース矯正
ケンライン7プラス ¥350,000
毎回の診察料 ¥5,000